アイプチ 使い方 二重

ナイトアイボーテ

 

私はまぶたが重めの一重です。

 

ぱっちりの二重になりたくて市販のアイプチを使用していますが、使い方が悪いのか時間が経つと取れてきます。
その度に直すのも面倒だし、アイメイクだって崩れちゃてやり直すはめに...

 

1日に何度もあると本当に嫌になってきます。
何とかしたいなと思って、きちんとしたアイプチの使い方について調べてみることにしました。
その結果、アイプチの使い方のコツがわかりましたので、ご紹介したいと思います。

 

まずはアイプチの基本的な使い方です。

 

アイプチの使い方

 

ナイトアイボーテ

 

@まぶたの汚れを取り綺麗にします。

 

 

 

ナイトアイボーテ

Aプッシャーをまぶたに押しあて二重を作るラインを決めます。
 二重の幅は広くしようとすると上手くいきません。
 まつ毛の生え際から5mmくらいを目安にするのがポイントです。

 

 

ナイトアイボーテ

B次に二重を作るラインを中心にしてアイプチをムラなく塗っていきます。
 目頭や目尻の方までは塗らないようにしてください。
 塗る範囲が広いと皮膚が引っ張られて違和感が出てしまいます。
 また、アイプチを塗る量は、薄くムラがないようしてください。

 

ナイトアイボーテ

 

Cアイプチが乾いて半透明になるまで、この状態のまま待ちます。

 

 

 

ナイトアイボーテ

 

Dアイプチが乾いたら二重のラインにプッシャーを軽く押し当て目を開けます。

 

 

 

ナイトアイボーテ

 

Eプッシャーをゆっくり外します。

 

 

 

ナイトアイボーテ

 

Fこの時点ではまぶたの両端は、まだきちんとくっついていません。
 プッシャーで目頭や目尻の方も押し当てて、二重の形を整えていきます。

 

 

プッシャーは、アイプチを購入すると付属品としてついてきます。
もし無くなった場合は、つまようじの反対側(尖っていない方)や、ヘアピン等でも使えますよ。

 

 

アイプチの使い方 3つのコツ

 

アイプチを上手く使うためには3つのコツがあります。

 

アイプチの使い方3つのコツ

 

@アイプチを使用する前は、まぶたを綺麗にする

 

 ティッシュやコットンなどで汚れを拭き取ってください。
 まぶたには目に見えない油分などの汚れがついています。
 まぶたが汚れたままアイプチを使用するとアイプチの粘着力が落ち、取れやすくなります。

 

A二重の幅を広げすぎない

 

 二重幅が広いと不自然になったり眠く見えてしまいます。
 またきちんとくっつかずに取れやすくなります。

 

 

Bアイプチは薄く塗る

 

 アイプチは薄くムラがないように塗った方が綺麗に仕上がります。
 いっぱい塗ってしまうと、乾くのに時間がかかります。
 しっかり乾かないうちにプッシャーを押し当てても、ヨレて綺麗な二重のラインになりません。
 しかし、まぶたが厚いと『アイプチを薄く塗っただけでは、まぶたが綺麗にくっつかない』という場合もあると思います。
 その場合には、薄くムラなく塗って乾かすという作業を2、3回繰り返してください。
 かさね塗りをすると、ヨレを防げるのでお薦めです。

 

 

以上がアイプチを上手く使用するコツとなります。

 

そしてアイプチを落とす際の注意点もありますので、ご紹介します。

 

アイプチを落とす際の注意点

 

 アイプチを落とすときにこすり洗いをしてしまうと、まぶたの皮膚は非常に薄ため荒れたりする可能性があります。
 洗顔する際は、まぶたをこすらないでください。
 洗顔してもまだアイプチが残っている場合は、水に濡らしたコットンなどで優しく拭き取ります。

 

以上がアイプチの使い方のコツでした。

 

ナイトアイボーテ

それでもアイプチが何回も取れてしまったり、まぶたが荒れたりする場合は、アイプチをやめてもいいかも知れません。

 

代わりにお薦めするものがあります。
それは、寝ている間に二重のクセ付けをする二重まぶた養成コスメ『ナイトアイボーテ』です。

 

これは、夜専用のアイプチです。
寝ている時にしかつけないので、日中取れて慌てて直す必要がありません。
だからアイメイクが崩れることもないんです。

 

また美容成分、美肌成分がたっぷり含まれているので、肌にとっても優しいんです。

 

▼ナイトアイボーテは、こちらのページが参考になると思います▼

 

>>本物の二重になれちゃう!ナイトアイボーテの秘密とは!?